ボタンによる会議円滑化支援



概要


会議において沈黙が生じることで議論が円滑に進まないことがある.

この原因の 1 つとして,会議参加者の意思が参加者間で共有されず,議論を進めるべきなのかあるいは,深めるべきなのかの判断が困難であることがあると考える.

この問題を解決するために,本研究では,賛同する ・意見なし ・考え中 ・次の話題に進んで良い,の 4 つの会議進行に影響する意思の可視化を支援するボタンを参加者に使用させることで,会議進行を円滑にする方法について検討した.

メンバー


学会発表


・阿部花南, 越後宏紀, 小林稔. ボタンによる会議円滑化支援システムの検討. ワークショップ2019(GN Workshop 2019)論文集, 2019, p.26-32.

・阿部花南, 築舘多藍, 桑宮陽, 小林稔. 会議円滑化支援を目的とした気持ち可視化ボタンの提案. 情報処理学会シンポジウム論文集, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2021), 2021, p.774-783.

・阿部花南, 築舘多藍, 桑宮陽, 小林稔. 議論中に会議参加者が求める意思表示に関する調査. サイバースペースと仮想都市研究会, 2021, Vol.26, No.CS-2, p.1-6.